両眼視調節機能検査とは物を立体的に見る能力を調べる検査です。

乱視や弱視などの場合には両眼視の調整機能が低下する場合があります。
また後脳の機能障害などによっても機能に支障をきたすケースもあります。

しかし、乱視などの場合は両眼視調節機能が低下しても、手術後に調整機能が向上する場合もありますのでレーシック治療での効果は期待できると言えるでしょう。(治療の効果には個人差があります)

>TOPへ戻る

レーシック情報

ドライアイ・目の健康