この検査は最も馴染みがあり皆さんも一度はやったことのある検査です。

裸眼検査の方法は5mまたは3mの視力版を見て行う一般的な検査です。
学校などで定期的に行われる身体測定で視力の検査を行う時に使われる方法と言った方が分かりやすいかもしれません。

矯正視力検査は検査用のレンズをつけて見える最大視力をはかる検査です。
矯正レンズをつけ赤、緑の記号などを見て、赤がよく見える場合は近視だと分かります。
逆に緑がよく見える場合は遠視というように判別するための検査です。

また、測定版に記載されている放射線状の線は乱視軸を測定するためのもので矯正レンズをかけて放射状の線を見てもらい乱視の度合いをはかる事ができます。

>TOPへ戻る

レーシック情報

ドライアイ・目の健康