レーシック手術前には必ず手術適合か否かの検査を受けます。
その検査をパスして始めて手術について医師と具体的な打ち合わせができます。

この検査は角膜曲率半径と屈折度検査の湾曲の程度を調べます。
乱視の軸などを測定し、手術方法を決めるにあたり重要な検査となります。

>TOPへ戻る

レーシック情報

ドライアイ・目の健康