レーシック手術前には必ず手術適合か否かの検査を受けます。
その検査をパスして始めて手術について医師と具体的な打ち合わせができます。

最初に「角膜屈折調整検査」について説明します。

「角膜屈折調整検査」とは、屈折度を調べる検査であり角膜屈折計測器を覗き込みます。
計測機の中には遠くの景色などが見えるようになっており、その力で調整力を減らします。

調整力を弱めてから水晶体を薄い状態にし測定するわけです。

ただし、測定する機械によって測定に若干の誤差がでるので何度か測定を行い、数値の平均値を基準とするやり方が大半です。

>TOPへ戻る

レーシック情報

ドライアイ・目の健康