近視のほとんどのケースが「屈折性近視」と言われており、このケースでは軸性近視とは逆の状態になります。

「軸性近視」では角膜、水晶体は正常で網膜までの距離が長くなったことで近視になりやすくなると説明しました。

「屈折性近視」はこれとは逆で網膜までの距離は正常でも角膜、水晶体に屈折力が強すぎて網膜の手前で焦点があってしまうという症状です。

近視は角膜の湾曲が正常よりも大きかったり、水晶体が厚すぎたりすることで起こる症状ですが、近視の大半はこの屈折性近視でほとんどは後天的な要素から起こります。

近くにあるものばかりを見る生活を続けていると遠く見るための毛様体の筋肉が衰え水晶体が薄くなります。近くにあるものは見えるの少し離れると見えにくくなります。

この状態が「仮性近視」と言われ、これが第一段階となります。子供の頃は角膜、水晶体ともに弾力があるので目を休ませることで回復するのですが、この状態で矯正メガネなどを使うと「真性近視」になってしまいます。

>TOPへ戻る

レーシック情報

ドライアイ・目の健康