近視の状態とはどのような状態か?近視になる理由は?それらについて説明します。

目の見える仕組みは、光が角膜→瞳孔→水晶体→硝子体を通り網膜に達して見える。
その間に角膜と水晶体が光を屈折させて網膜に光を集める働きをしています。

通常、視力に問題がない人の場合は網膜に集まる光の焦点は狂う事なく網膜に合います、
しかし。「近視」の場合では網膜の手前で焦点を結んでしまい網膜では焦点が合わさっていないのでピンぼけした状態となり物をはっきりと見る事ができなくなります。

これは全てのものがぼやけて見えるのではなく、「ある一定」の距離から入る光に対しピントがずれると言う事です。

ただし、近視の状態が進行するとピントのあう距離がどんどん短くなります。

>TOPへ戻る

レーシック情報

ドライアイ・目の健康