従来は視力が低下すると大半の人は眼鏡またはコンタクトレンズを使用しているケースが多いと思います。
管理人も普段は眼鏡を使用していますが正直あまり眼鏡着用は好きではありません。

じゃあ、コンタクトにすれば?と言われそうですがコンタクトが合わないのです。
ソフトもハードも両方試してみました。もちろん医師にも相談しました。
残念ながら結果は両方とも目が痛くなり使用することが無理でした。

スポーツするのが大好きな管理人にとって眼鏡着用でのスポーツは楽しいものではなく、
何度もメガネを壊して新調したことか。。

視力が回復すれば。。。

そんなことを願いつつ眼科に通っていました。
そこで出会った「レーシック」(LASIK)という治療法

レーザーを使い角膜を調整する

イメージとして頭に浮かぶのは怖いの一言でしたが(汗)
その効果は近視や乱視などを矯正し治療の効果を早めるのが狙いとのこと。

具体的には、目の角膜を切開し、レーザーを当てる事で角膜の屈折力をかえ焦点を合わせるというハイテクな治療法です。

屈折矯正治療のひとつとして有効な方法であり近年はレーシック治療を受ける患者が多くなっています。角膜の屈折率をレーザーを使いで変化させることで視力を矯正するほうほうで分かりやすく例えるとコンタクトレンズが眼の表面にレンズを被せて屈折率を変えているように、同じ理屈で眼の表面をレーザーで削ることで屈折率を変えて視力を回復させる治療法。

近視や乱視の治療に効果を発揮し治療期間も短期間で済むという事。
この治療法なら眼鏡を使用せずに読書やスポーツができる!
単純な管理人はそう思い、さっそく医師にレーシックについて相談してみました。

>TOPへ戻る

レーシック情報

ドライアイ・目の健康