実際にレーシック治療を受ける事ができる人、出来ない人についての説明

大まかに言ってしまうと視力低下に悩んでいる人の大部分がレーシック治療が可能です。
しかし、特に手術をすることで効果のあがる人と残念ながら手術を受ける事が出来ない人の項目について説明を加えています。

レーシック手術を受ける事が可能な人(個人差がありますので必ず医師と相談して下さい)

:近視、乱視に悩んでいる人
:近年で極端に視力が低下した人
:スポーツ選手、職業上の都合でメガネ、コンタクトの着用を避けたい人
:ドライアイでコンタクトをつけることができない人
:左右の視力の差が大きく日常生活を不便に過ごしている人
:パソコンや読書など長時間目を使う作業で目が痛む、頭痛などに悩んでいる人

など、これらの条件に該当している人にはレーシック治療は効果を発揮します。
その中でも特に1番目の近視、乱視に悩んでいる人と近年、極端に視力が低下した人
上記の二つは術後に効果があがったという報告が多数報告されています。

* 術後の成果には個人差がありますので必ず担当医と相談した上で治療を受けて下さい。

次に残念ながら手術を受ける事が出来ない人、または手術が難しい人について

:手術前の適正検査で不適合と判断された人
:妊婦、授乳中の人
:極端な近視、乱視の人(基準は医師の判断に委ねられています。)
:持病を持っている人(糖尿病や内蔵に関する病気など)
:白内障、緑内障などの病気をお持ちの人(手術できるかは医師の判断)

などがあります。いずれにしても担当する医師と相談が必要であり、適正検査の結果で出術を受けることが出来るか否かを判断されます。

>TOPへ戻る

レーシック情報

ドライアイ・目の健康