肥満は健康にとって良いことでないのはお分かりのことと思いますが、目にも影響を及ぼします。

食べすぎは万病の元と言われますが、目に異常をもたらす様々は生活習慣病の元凶ともなります。
目の老化も早めてしまい、視力減退や疲れ目の原因ともなります。

肥満を防ぐ方法はたくさんありますが、食事の量と質をコントロールすることで防ぐことができます。
カロリーが高い糖質や脂質食品をセーブし、たんぱく質やビタミン類を豊富に摂取する。
食物繊維を多くとることで栄養過多にならず、肥満解消にもなります。

肥満防止として有効なのは適度に体を動かすことです。
本格的にスポーツをする時間や体力がない場合でも散歩を適度に行うことで糖分を体を動かすエネルギーとして使い消費するのでお勧めです。

また動物性脂肪と植物性脂肪の摂取する割合を1対2くらいの比率にするのも有効です。
脂、糖分は生きていくうえで必要な栄養分ですが不必要に摂取すると体内に脂肪として蓄積され肥満化の原因となりますから適切な食事と適度な運動を心がけるようにしましょう。

>TOPへ戻る

レーシック情報

ドライアイ・目の健康