目に原因がある眼精疲労は大きく分けて4種類あります。

1:調節性眼精疲労

ものに焦点をあわせる目の調節作用が低下しピントが合わない状態がつづき疲労が蓄積します。
遠視、老視など通常より強い調節でものを見るときに発生しやすい。

2:筋性眼精疲労

目を取りまく筋肉の動き異常により両眼の位置がアンバランスになることによって起こる症状
眼球が内側や外側にずれる斜視や近いものを一点で見ることができない輻輳障害(ふくそうしょうがい)などが原因。

3:症候性眼精疲労

ドライアイ、結膜炎、白内障、緑内障などの目の病気や体全体からおこる疾患が原因でおこる目の疲労。その中でも失明の危険性が高いのが白内障、緑内障は眼精疲労が唯一の自覚症状なので注意が必要。

4:神経性眼精疲労

眼球の異常ではなく、視神経などの神経性の疲れが原因となる疲れ目のこと。
パソコンやゲーム、テレビなど長時間見ることによっておこる眼精疲労です。

眼精疲労は目に特別な異常がなくても起こることがあり、精神的、肉体的な疲れなどが原因で起こるケースもあります。

眼精疲労が起こりやすい病気として、高血圧症、動脈硬化症、糖尿病、心臓病、脳・血管障害、肝臓病などの生活習慣病があります。

>TOPへ戻る

レーシック情報

ドライアイ・目の健康