ドライアイとは簡単に説明すると、涙の量が減って眼球の表面が乾き目に異常が起きる現象のことを総称して呼びます。

専門用語を使うと「涙液分泌減少症」、「乾性角膜結膜炎」などと診断されるようです。
ドライアイになりやすい職業としてはパソコンの前に長時間座って作業する事務員、会社員などに症状が現れやすいのが特徴でしたが今ではパソコンが家庭に普及しほとんどの人が程度の差はあれドライアイの症状を持っているといえます。

OA機器を長時間操作する人には特に顕著に症状が現れ、症状として頭痛、眼精疲労、肩こり、めまいなどの症状もひきおこす原因となります。

さらにノートパソコンの小型、携帯のフルブラウザ対応などますます目を酷使する環境が整いつつあり、今後ますますドライアイの症状をもつ人口は増えていくと予想されます。

>TOPへ戻る

レーシック情報

ドライアイ・目の健康