レーシックは再生能力のない箇所を切るのですが、術後は安定するまで近視にもどることがあります。
もともと近視、乱視の治療に効果を発揮するレーシックなのですが。。。

術後に近くのものを長時間見るような仕事につかれている人(パソコンや書類、工場での精密機械の組み立てなど。。)は近くを見続けるため調整が働きます。

そのため水晶体周辺にある毛様体の筋肉が働き始め、いわゆる「疲れ目」状態になりやすくなります。

それを軽減するために角膜は手術したカーブを元に戻そうと働き曲率半径の変化がおき、このへ変化が大きいと近視状態に近くなります。

この変化への対策として術後はわざと遠視用のメガネを着用し仕事を行うなどして極力、角膜が必要以上に動かないようすると良いでしょう。

この方法は手術を受けた人だけではなくパソコンなどを長時間使用する人にとっても有効な方法であり作業中は遠視用メガネを着用し目に負担をかけないようするのも目を労るという点で有効だと言えます。

>TOPへ戻る

レーシック情報

ドライアイ・目の健康