レーシックの手術後には抗生剤の目薬とステロイドが投与されます。

一般的にはオフロサキシン系の抗生剤が角膜への影響も少なく、眼科では一般的な抗生剤です。

角膜汚濁の原因として考えられるのは、まず抗生剤が疑われます。
レーシック手術後の抗生剤でオフロサキシン系以外の抗生剤で汚濁が認められたケースが多く報告されてます。

術後に汚濁が認められた場合は医師に抗生剤の成分などを確認することをすすめます。

この汚濁が出ると症状は、その後の処方などを変える事で回復します。
一般的にはステロイドの目薬を用いて約1ヶ月ほどで治るケースがほとんど。

術後に患部に異変を感じた場合にはすぐに手術した病院へ行き、担当医に対処してもらうようにして下さい。患部を放置しておくと角膜の傷が拡大し組織が壊死してしまう危険性もあります。

>TOPへ戻る

レーシック情報

ドライアイ・目の健康