レーシック術後には乱視や物が重なって見える複視などの症状が出るケースがあります。

通常では術後から3ヶ月ほどの間に症状は自然に治るのですが、症状が収まらない場合もあります。
その場合、原因として考えられるのはフラップが正常に作られていない。
レーザー照射に問題があった。などの前述した原因があげられます。

また、レーシック術後は1ヶ月程度かるい遠視状態となり、そのため遠く見るのに水晶体に調整が入ります。

そのため、水晶体が厚くなるのですが、水晶体の厚さが均一でないと水晶体性乱視となりやすいケースが報告されています。

ただし、このケースは遠視が減少していくことで厚さも均等になっていくので乱視の程度も軽減していきます。日常生活に支障がないくらいまで回復するのがほとんどですが、中には回復が本人の予想以下のケースまごく稀ですが報告されています。

実際にレーザーで角膜を調整を行ってから数日間は傷ついた角膜が修復作業期間となるので、この期間内は安静にし目への負担をかけるような事はしないようにして下さい。

特に長時間のパソコン作業や読書など目を疲れさせる行為は控えるようにしましょう。

>TOPへ戻る

レーシック情報

ドライアイ・目の健康