RKは最も歴史が古い手術法で現在でも使われている手術法です。

RKは略語で正式には「 Radial Keratotomy」と呼びます。
日本語では「放射状角膜切開術」と訳されています。

角膜に浅い切れ目を放射状にいれ角膜の屈折率をかえる手術方法です。
長い歴史の中で失明などの重大な症状が報告されていないほど安全な手術として長い間おおくの近視手術を支えてきた方法です。

しいて、デメリットをあげるとすれば重度の近視や乱視の人には効果が薄い点です。
また、角膜に切れ目をいれるので角膜の強度と言う点で不安な部分もあります。

しかし、これは普通の人の日常生活では問題なく、いわゆるスポーツ選手や格闘家などの強い衝撃を受ける可能性の高い人達に対しての不安と言えます。

一般の生活では問題はなく今後、この施術を受けるのに心配のある人(上記のようなスポーツ選手や衝撃が頭部にかかる恐れのある職業など)は医師に相談することをお勧めします。

>TOPへ戻る

レーシック情報

ドライアイ・目の健康